2017年10月27日放送の日本テレビ「超問クイズ!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「大仏の額にある丸いものは髪の毛?」

 

日本にある大仏ですが、額になるのはほくろかと思っていましたが、本当に髪の毛なのでしょうか?

また、額の髪の毛にはいったい何の意味があるのでしょうか?

 

というで今回は、大仏の額のほくろのようなものは、実は髪の毛だったのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

大仏の額にある丸いものは髪の毛?おでこの点はほくろじゃない?

実際に大仏の額にある丸いものは「白毫(びゃくごう)」と言い、白く長い毛です。

大仏 額
(画像引用元:http://sokuup.net

この白い毛は右巻きに丸まっており、約4.5メートルほどの長い毛とされています。

 

そして、仏像では丸い膨らみ表したり、水晶・真珠等の宝石、近年はガラスやアクリル樹脂を使いますが、そのせいでホクロや模様と勘違いした人が多かったようです。

 

そんな白い長い毛の「白毫」には、仏の慈悲の光りを表わし、苦しみを取り除き・楽しみを与えるためという意味があるとのことです。

どんな仏像に額の毛はつけられているの?

仏像美術では額の毛「白毫」は如来と菩薩に付けるもので、明王、天部、童子等の仏像には白毫はつけられていません。

 

ただし、仏像だともともと白毫が付いていたが、劣化等の影響により失われている場合もあります。

スポンサーリンク

額のほくろは芸術家?

残念ながら大仏の額にあるのはほくろではありませんでしたが、実は額にほくろがある人は発想力が豊かで芸術等で活躍することが出来ます。

 

さらに会社でなら出世して、独立しても成功する運を持ち、額の右側にある人は結婚相手と上手くいったりと縁も良いです。

 

ただし、額の左側にある人は正直者ですが浪費家な傾向があるので注意して下さい。

 

このように額にある人は「奈良の大仏」と言われてバカにされるかもしれませんが、運に恵まれているので誇れることなのです。

大仏の額のほくろは髪の毛!おでこの点にちゃんとした意味がある!

大仏の額にある丸いものはほくろかと思いましたが、実は白毫というちゃんと意味があって毛でした。

 

なかなか長い毛ですが、みなさんもほくろではなく、仏の慈悲の光りを表わる毛として覚えておきましょう。

 

せばな~