2016年8月28日放送のTBS「林先生が驚く 初耳学!」で出題される問題、ホットコーヒーについて問題が出題されます。

 

なんと

「冷え性対策にホットコーヒーは間違っている」

とのことです。

 

寒い時はホットコーヒーで温まるのが普通かと思いましたがそうではないんですね~

 

そんなホットコーヒーですが、

なぜ冷え性対策にホットコーヒーは間違いなの?

冷え性対策に良い飲み物は何?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

冷え性対策にホットコーヒーは間違い!カフェインは体を冷やす!?

冷え性 コーヒー

実はコーヒーに含まれているカフェインが体を冷やしてしまう効果があります。

カフェインには利尿作用があり、体外に水分を排出する際に体温が下がってしまいます。

 

もともと、カフェインが含まれているコーヒーの原産地は暖かい国であり、暖かい国の育った物と考えると体を冷やす効果のコーヒーを好んで飲んだことが分かります。

 

そのためホットコーヒーで一時的に体を温めることは可能ですが、結果的には体を冷やしてしまうので注意してください。

 

逆に言えば夏のような暖かい時に、体を冷やすためにコーヒーを飲むのは適切ということになりますので、状況を考えて飲むのが良いでしょう。

体を温める飲み物は?

体を温めるの飲み物は、

●紅茶、プーアール茶、ウーロン茶、ほうじ茶等の発酵したお茶。
※緑茶・抹茶はNG

●生姜汁、ニンニク汁と香辛料が入って血行を促進する飲み物

●たんぽぽ茶、ゴボウ茶等の根菜類を使ったお茶

が有ります。

 

他にも、日本酒や、黒豆茶、赤ワイン等が体を温める効果がある飲み物になります。

スポンサーリンク

カフェインが入ったコーヒーは冷え性対策にならない!体を温める飲み物はこれだ!

ホットコーヒーで一息つき、温めるのは間違いで、確かに原産地を考えると暖かい所で育っているわかりやすですよね!

 

そうなると寒い所で育ったものは暖める効果が高そうですね!

 

みなさんも寒いからといって、ホットコーヒーの飲み過ぎには気をつけてください!

逆にホットコーヒーを飲むなら夏場のほうが、結果的には体を冷やしてくれるので良いかもしれませんね!

 

せばな~