現在アーティストでありながら”まい”と別名義でモデル活動もしているchayさん。

彼女は昔から歌手になりたくて、辛い下積み時代を乗り越えて様々な活躍を果たすことに成功しました。

 

そんな彼女ですが、

chayさんってどんな方?

chayさんが音楽活動を始めたきっかけや活躍は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

嫌いな人多い?chayについて!永谷園の一族?歌手になったきっかけは?

chayプロフィール

chay きっかけ

出生名     永谷 真絵
別名義     まい
生誕      1990年10月23日
出身地     東京都
学歴      学習院女子大学 卒業
ジャンル    J-POP
職業      歌手
その他     モデル
活動期間 2012年~
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
事務所     トップコート

 

実は苗字を見れば気づく方もいると思いますが、なんとあの有名な「永谷園」の創始者の一族で役員の父を持っております。

 

そのためお嬢様のせいか、価値観が違ってテラハウスでも批判が多かったのはそのような影響だったのでしょうか?

 

しかし、chayさんの過去をみると、とてもお嬢様とは思えない下積みを経験しています。

chay音楽・歌手を目指したきっかけは?デビューまでの道のり!

chayさんの両親は音楽が好きで、小さい頃からいろんな曲を聞かされていました。

 

その影響でchayさんは音楽が好きになり幼稚園児の頃から「歌手になりたい」と言い続けていました。

 

しかし、両親は猛反対!

 

高校を卒業までには諦めるだろうと、高校卒業したから歌手を目指しなさいと両親と約束しますが、chayさんは色あせることなく歌手の夢を抱き、大学と同時に音楽活動を始めました。

 

大学の4年間は6~7時間とがむしゃらにギターを引き続けたchayさん。

 

最初は路上ライブでや小さなライブハウスで活動をしていましたが、人がいなくて母だけしかいない時もありました。

 

就職活動の時期になって同じ大学生はスーツを着て就職活動をしている中、ギターを抱えている自分に劣等感を感じながらも活動を続けて、遂に2011年1月にトップコードと契約を結ぶことが出来ました。

スポンサーリンク

chayテラハウスから嫌われ者?歌手・モデルとブレイク!

契約が決まったchayさんですが、2012年にデビューする前からオリジナル曲の「LOOP」が洋服の青山CMソングに採用されたりと幸先の良いスタートを切ります。

 

同年4月に「together」がBSフジ「なでしこリーグ2012中継」&「INAC TV」のテーマソングに起用されり、

6月には中原めいこのカバー曲「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」をレコチョク限定で配信ながら、着うたデイリーランキングで6位にランクインします。

 

同年10月にシングルCD「はじめての気持ち」でメジャーデビューをはたし、この曲もロッテのガーナミルクチョコレートのCMソングに起用されています。

 

2013年にもミニアルバム「make up 80s」から主題歌に選ばれたりと活躍が見られますが、どうも音楽活動がうまく行っていなかったようです。

chayテラハウスをきっかけに活躍!もでる”まい”でも活躍!

この音楽活動の行き詰まりを打開しようとchayさんはテラハウスに自ら応募して参加します。

 

テラハウスでは共演者のみならず、視聴者からも嫌われてツイッターは大炎上するほどでした。

 

しかし、この嫌われて事で注目されて知名度が上がったきっかけで、テラハウス卒業後は人気がうなぎ登りとなります。

 

2014年3月にテラハウスを卒業して、4月に「パンテーン」CMソングとなった「Twinkle Days」は過去最高のセールス記録を叩き出し、

 

更に、chayさんが身に着けている衣装が若い世代に注目浴びて「まいまい売れ」という現象が起きます。

 

そのため雑誌「CanCam」で特集が組まれて人気となり、“まい”名義で「CanCam」の専属モデルになることが決まります。

 

2015年にはフジテレビ「デート~恋とはどんなものかしら~」の主題歌にもなった「あなたに恋をしてみました」は50万ダウンロードを超えるヒットとなり、歌手としても成功し始めました。

嫌いから人気が出た!モデル・歌手を活躍の永谷園chay!

お嬢様でありながら下積みを経験し、環境による価値観から嫌われ者にもなったりと苦労していたchayさん。

 

しかし、嫌われたことで注目を集めて人気となった今では、トラウマかもしれませんが良い思い出になったのかもしれませんね。

 

確かに、何も興味を持たれないより、強烈に嫌われたほうが相手から印象に残るので、テラハウスに出演したことは間違いではなかったのでしょう。

 

今後は夢であった歌手を叶えてどんな活動をしてくのかchayの活躍に期待しています。

 

せばな~