2017年2月5日放送の「林先生が驚く初耳学!」では

「カロリーオフ食品を食べ続けると逆に太る」

という初耳学が林先生に出題されます。

 

カロリーオフということで、いくら食べても太らないイメージがありますが、実はカロリーオフの成分が太りやすい体質を作り、太ってしまうようです。

 

ということで今回は、なぜカロリーオフ食品が太るのか、気になりましたので調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

カロリーオフ食品は食べ続けると逆に太る?ゼロカロリーの食べ物が太りやすい理由?

そもそも、カロリーオフは本当にカロリーが0ではありません。

カロリーオフ 太る
(画像引用元:http://leg-diet.com

栄養表示基準では食品で100グラム当たり5kcalまで、飲料では100ml当たり5kcalの範囲なら、「ゼロ」「フリー」「レス」「無」「ノン」等のカロリーオフで含まれていないような表現が許されています。

 

それだけでなく、低カロリーで甘さを感じるために使われている人工甘味料があるのですが、この人工甘味料の影響により、太るではないかと言われています。

脂肪を溜め込みやすい体型を作る?

砂糖等のぶどう糖を摂取するとエネルギーに変化させて、余分なぶどう糖が脂肪に変化します。

 

ぶどう糖を摂取すると血液中の糖の血糖値が上がってインスリンを分泌し、そのインスリンが余分なぶどう糖が脂肪に変化して体に脂肪を溜め込みます。

カロリーオフ 太る
(画像引用元:http://nikutai-repride.com

そして人工甘味料でも砂糖のようにぶどう糖を脂肪に変化させるインスリンが分泌されます。

 

2013年の実験では「人工甘味料を飲んだ後にぶどう糖液を飲んだとき」のほうが、「水を飲んだ後にぶどう糖液を飲んだとき」より血糖値のピークが高くなり、インスリンの分泌が20%高いことが判明します。

 

そのため、人工甘味料のほうが、脂肪に変化させるインスリン分泌が多いので、太りやすい状態を作りやすいとのことです。

食欲を増進させる?

エネルギーを欲して食欲増進

さきほど言った通り、通常はぶどう糖がエネルギーに変換されて、余った糖質が脂肪になります。

 

人工甘味料でもインスリンが分泌されますが、人工甘味料にはほぼカロリーがないためインスリンが分泌されてもエネルギーに変換できずに、体がエネルギーを欲して食欲を増進させます。

カロリーオフ 太る
(画像引用元:https://thechange.jp

しかもインスリンを分泌してもエネルギーに変換する糖がない嘘に気づいて、インスリンを出す機能が衰えます。

 

インスリンが出す機能が衰えることで、エネルギーに変換・使われることなく、脂肪として体に蓄えられてしまいます。

味覚が鈍くなって食欲増進

普通の砂糖とほとんど同じくらいの甘さに感じるのに、カロリーオフということで自制が出来ずに大量に入れていませんか?

 

カロリーオフということで大量に入れると、普通の砂糖のように甘みが増すことで「味蕾」という甘みセンサーの機能が鈍くなります。

カロリーオフ 太る
(画像引用元:http://lionsign.net

そして甘みセンサーの機能が鈍くなることで更に甘い物を欲するようになります。

 

そうなると胃にある甘みセンサーがグレリンというホルモンが分泌し、脳に働いて食欲を増すようにと伝達させて、食欲を増進させてしまいます。

甘い味に依存する?

人工甘味料で一番悪影響があると言われているのが、依存性があるということです。

カロリーオフ 太る
(画像引用元:http://lier.jp

人工甘味料はコカイン以上の強い依存性があると言われているほどです。

 

美味しい食べ物を食べると「快楽」「幸福」のような欲求を感じるドーパミンが分泌されます。

 

ところがカロリーオフということで人工甘味料を摂取し続けると、強い欲求が続きドーパミンをコントロールできなくなります。

 

コントロールできなくなると依存性や中毒性が高くなり、ドーパミンが枯渇するとまたドーパミンを分泌させるために人工甘味料を欲するような甘みの中毒・依存性が高くなります。

スポンサーリンク

カロリーオフといって食べ過ぎ

上記のようにカロリーオフに含まれる人工甘味料が太りやすい状態を作りやすいです。

 

そのため単純にカロリーオフということで、太りやすい状態なのに安心して食べすぎてしまい太るのも原因の一つです。

カロリーオフ 太る
(画像引用元:https://obs.line-scdn.net

しかし、カロリーオフは他の食べ物よりカロリーが少ないのは事実ですので、同じ量の食事にカロリーオフを入れ替える場合なら、そこまで太る危険性はないと思います。

 

実際にテレビ番組「所さんの目がテン!」で普段の食生活とあまりかけ離れない程度に栄養バランスを考えた状態で、三日間ゼロカロリー食品を食べ続けたら体重が減った結果が出ています。

 

ゼロカロリーということで安心せずに、普段通りの食事をすることが大切ということです。

カロリーオフ食品は太る?ゼロカロリーの食べ物が太りやすい理由は人工甘味料!

カロリーオフ食品には人工甘味料が使われており、この人工甘味料が太りやすい状態を作りやすいようです。

 

ただ、カロリーが少ないのは事実で、通常と同じ食事量と栄養を摂取するのであれば、痩せるかもしれませんね。

 

やはり、食べ過ぎは太るということです。

 

みなさんももし、ゼロカロリーでダイエットに挑戦する時は、上記の危険性を知り、自分の生活環境・性格に合うのか試して痩せるのであれば継続してみましょう。

 

せばな~