2016年10月30日放送の「世界の果てまでイッテQ!」では珍獣ハンターイモトさんが「ワールドツアーinアメリカ」ということで世界最大の「バルーンフェスティバル」を紹介します。

 

そんな中で挑戦するのが、最先端スポーツ「バブルボール闘牛」。

 

バブルボールをかぶることにより、闘牛に突進されても吹っ飛ぶが安全ということですが動画を見た限りかなり危険です…

 

ということで今回は、

バブルボール闘牛とは?

バブルボール闘牛は危険?危ない?安全性は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

危険!バブルボール闘牛とは?危ない?安全性は?他のスポーツ、サッカーにも導入?

バブルボール 闘牛

 

今回のバブルボール闘牛とは、予告動画を見た限りでは闘牛士のように危険性を伴う行いで度胸を試すスポーツかと思われます。

 

きっとバブルボールをかぶり、闘牛に向かって吹っ飛ぶことで度胸を試しているのでしょう。

 

実はこれに近いスポーツがあり、ノルウェーで始まった「バブルサッカー」に闘牛を投入するスポーツです。

バブルサッカーに闘牛を投入した動画

 

バブルサッカーと言うのは実は日本でも行われているスポーツですが、それに闘牛を投入するという無茶をアメリカ・ミネソタ州で話題となりました。

 

もしかしたら、同じアメリカですので「バブルサッカーに闘牛を投入する」スポーツに挑戦したのかもしれませんね。

バブルボール闘牛の危険性は?安全性は?

闘牛は昔の重さは600~700kg前後のものでしたが、最近は1トンも超える大型動物まで使われており、そんな闘牛が時速平均速度24km/hで突進されたらひとたまりもなさそうですね。

 

それに対して突進されるバブルボールは耐久力は高いと豪語していますが、耐久テスト等の情報がないか調べてみましたが情報はありませんでした。

そのため、バブルボールで無茶な行いをしているスポーツを調べた所、バブルボールが破れて危ないといったことはないようです。

 

ということは、バブルボールに守られている部分に闘牛が突進したとしても怪我はなさそうです。

 

しかし、問題はバブルボールで守られていないバブルボールから露出している足の怪我が多く危ないようです。

 

他のバブルボールを使ったスポーツでもそうですが、足による捻挫や打撲、更には靭帯損傷を負った方もいるようです。(バブルサッカーでは結構あるようです…)

 

ですので、闘牛にバブルボールに突進されて吹っ飛ぶのは問題ないですが、そのまま闘牛に巻き込まれて足を踏まれたり、吹っ飛んで着地する時に足を怪我をする危険性があるということです。

 

実はイモトアヤコさんは闘牛に2回ほど挑戦していて、一回目の闘牛にて踏みつけられるという事件が起きて一時期闘牛がNGになった事があります。

 

今回もバブルボールだからといって安全ではなく、イモトアヤコさんに起きた同じような危険性はあるので十分に注意してもらいたいです。

スポンサーリンク

安全性は?新感覚スポーツ・バブルボール闘牛は危険!危なかった!サッカーでも怪我が…

新感覚スポーツ・バブルボール闘牛ですが、バブルボール自体に当たるのは大丈夫だが露出している足による怪我が多いようです。

 

多分ですが、バブルボールをかぶっているから大丈夫と言って、無茶な動きをする同士が集まるのが問題なのかと思います。

 

イモトアヤコさんも気をつけてもらいものです。

 

みなさんも危険性を知ることで、ちゃんとバブルボールを知ればバブルサッカーをやってみても怪我なく楽しく遊べるかもしれませんよ!

 

せばな~