2016年10月9日放送の「ワイドナショー」のコメンテーターとして出演することとなったベッキーさん。

 

地上波に出演するのは「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」以来でこうものびのびとテレビに出演するのは、騒動後初めてでしょう。

 

その際にはもちろん今も話題を振りまいている、不倫相手「ゲスの極み乙女」ボーカルの川谷絵音さんについて質問されるのは必至。

 

ベッキーさんのコメンテーターとしての実力が試されます。

 

久々の自由なコメントをいえますがどうなるのでしょうか?

そもそもベッキーさんってコメンテーターとしての実力って?

 

ということで今回は、ベッキーさんのコメンテーターとしての実力はどれ位か気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コメンテーターとしての実力は?ベッキー、コメントは大丈夫?

ベッキーさんといえば、不倫騒動前はCM10本、レギュラー10本と超売れっ子!

 

ハーフタレントとして「美人だけどそそられない芸能人」として視聴者からも好感度が高かったです。

 

またMCとしての実力も十分で、同世代の若槻千夏さんには「別格」と言われて太鼓判。

 

タレントだけでなく、女優としてもマツコ・デラックスから演技力をべた褒めされて芸能人として幅広い活動をしながらどれも実力が高いことで有名でした。

 

今回の「ワイドナショー」でコメンテーターとしてのコメントも期待できるかもしれませんね!

大阪の大物・上沼恵美子はベッキーを酷評?

誰もが実力を認めていると思いきや、大阪の大物・上沼恵美子さんは、

「ドラマで当たってるわけでも何でもないし、バラエティーでもものすごい面白いこと言うわけでもないし」
「きれい言うても目が大きいだけ」

容姿だけでなく、芸能人としての実力もそこまでではないと酷評していました。

 

 

ただ1点、「したたか」ということを何度も言って強調させており、そういった「芸能界に生き残るしたたかさ」についてはベッキーさんの実力を認めているようです。

 

確かにベッキーさんの一番すぐれているのは、芸能界に生き残る「したたかさ」なのかもしれませんね。

 

今回「ワイドナショー」を皮切りに見事復活を遂げるのであれば、”不祥事に厳しい芸能界からも這い上がって生き残るしたたかさ”があるという事が証明されそうですね。

スポンサーリンク

したたかさは芸能界1?ナイスなコメントでベッキーコメンテーターとして活躍なるか?

ついに「ワイドナショー」でコメンテーターとして、自由にコメントをするベッキーさん。

 

どんなコメントを残すで今後の活動が決まるかもしれないので注目ですね。

 

あの上沼恵美子さんすら認める「したたかさ」を持っているベッキーさんですから、なにかしらの芸能界に生き残るために一石を投じるでしょう!

 

せばな~