フジテレビ「世界ウソでしょ旅行社 やっぱり世界はブッ飛んでいる!?」で「バラクーダ」という巨大魚が大群で舞う”バラクーダトルネード”を見るコーナーが有ります。

“バラクーダトルネード”を見るため、田村亮さん、照英さん、篠原信一さんがインドネシアに行きます。

 

そんな”バラクーダトルネード”ですが、

バラクーダってどんな魚?

巨大魚!そんな大群危険性は?危ないんじゃないの?

どこで見れるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

バラクーダが織りなす!神秘の渦”バラクーダトルネード”!

バラクーダトルネードとは?

バラクーダトルネードとは

“バラクーダトルネード”とは、カマスの仲間でバラクーダという魚が数千ほどの大群が群れて、大群が竜巻のように渦を作る現象の事を言います。

 

魚が群れる理由は、まだ解明されていませんが、繁殖のため、季節・気候の影響のため群れているという等いろいろ説は有ります。

 

ちなみに、バラクーダとは日本では「カマス」のことを言います。

食べるなら、刺し身ではめったに食べず、基本的には干物、塩焼き、唐揚げで食べられます。

バラクーダトルネード危険!見れる機会も少ない?

神秘的で美しい“バラクーダトルネード”ですが実は、撮影できる可能性は20%と確率は低いです。

 

しかも、バラクーダ自体が攻撃的で、一部の地域ではサメよりも危険ということです。

 

人が襲われた被害も報告されており、腕を噛まれて50針を縫った人や、45歳の人が胸を噛まれて肺が破裂したとう事も有ります。

ですので、バラクーダを見たい場合は必ずインストラクターを連れてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

どこで見れるの?

バラクーダの群れを見たい場合は、インドネシア、パラオと各国で見れます。

 

太平洋・インド洋・大西洋の熱帯・亜熱帯域に生息しているので、

そのあたりで、通常のファンダイビングツアーに参加すれば会えるはずです。

事前に旅行会社に聞いておけば、バッチリです!

 

シーズンですと冬が良く、産卵期に入るため群れがまとまり大きくなるので”バラクーダトルネード”を見るチャンスアップ!?

神秘の渦”バラクーダトルネード”を見るには?危険が伴うが見たい!

危険が伴う神秘の渦”バラクーダトルネード”ですが、その分見る価値は大いにあると思います。

 

また、撮影は困難のため、フジテレビ「世界ウソでしょ旅行社 やっぱり世界はブッ飛んでいる!?」では無事見つけて撮影をすることが出るでしょうか?

そちらも気になります。

 

せばな~