現在テレビで人気引っ張りだこの芸人バナナマンですが、レギュラー番組が4本終了することに危機感をもっているとのことです。

 

確かに移り変わり、流行り代わりが早い芸能界ですから、すぐに次の芸人が台頭するのは分かります。

 

しかし、なぜバナナマンはレギュラー番組が4本も一気に終了することとなったのでしょうか?

また、終了するレギュラー番組は何でしょうか?

 

ということで今回は、終了するレギュラー番組と合わせて、バナナマンの番組が終了した理由を調査していきます。


スポンサーリンク

バナナマンがレギュラー終了で消える理由?何番組が打ち切りなったの?

「めちゃめちゃ終わるよぉ、俺。もうヤバイよ」

「怖いよ。それ(終わる番組)が1個あるだけでもすごい悲しいわけだから。4つも終わっちゃうってもう大ピンチですよ」

2017年春の番組改編期にレギュラー番組が4本終了することにラジオ番組「バナナムーンGOLD」で危機感を示したバナナマン。

 

そんな終わる番組はTBS「万年B組ヒムケン先生」、フジテレビ「そんなバカなマン」「優しい人なら解ける クイズやさしいね」「モシモノふたり」です。

 

このうち単独での出演番組が2本ある日村勇紀さんは、ラジオにて「ヤバイ」「大ピンチ」と自嘲気味に笑い、嘆いていました。

 

確かに売れっ子芸人ですので、新スタートする番組でレギュラーを控えていますが、消えてしまうという可能性は、過言といえないでしょう。

コント職人にもどる?

バナナマンはもともとコント職人として定評があり、舞台コントを中心に活動して人気でした。

バナナマン レギュラー終了
(画像引用元:http://blog-imgs-43.fc2.com

そのため、現在テレビで売れっ子ですが、トークより正直コントをしている方が面白いという声もあります。

 

だから少しテレビの仕事を抑えて、原点回帰とライブの活動を注力しようと考えているのかもしれません。

 

確かに舞台コントでバナナマンを好きな固定客をいますし、テレビが減ったと言っても人気芸人として特番のMCも常時あるので、仕事の心配も無いです。

 

売れるために忙しかったバナナマンですが、ここらで不眠不休の働き詰めを辞めて、舞台コントをするというのもありえますね。

スポンサーリンク

不人気と高額ギャラ消える?

バナナマンは数年ほど前のギャラはバラエティー1本で推定150万円からと、爆笑問題やダウンタウンの推定250万円には及ばずに、ギャラも安く、起用しやすくて引っ張りだこでした。

 

しかし、現在は爆笑問題やダウンタウンを追い越すほど、バナナマンは高額ギャラらしく、1本250万円では制作予算を切り詰め中のテレビ局が抱えきれないという判断で番組が終了したとのことです。

バナナマン レギュラー終了
(画像引用元:http://nogizaka46tiyo.com

 

また設楽統さんが「ノンストップ!」内での評判が芳しくなく、独裁で打ち切り寸前とまで言われています。

バナナマン設楽統の性格はドS?ノンストップで独裁で打ち切り?

そういったギャラ高騰と、不人気によるレギュラー番組終了が理由とされています。

バナナマンがレギュラー番組終了で消える理由は不人気や高額ギャラや舞台に戻る?

いくら人気芸人でも、一気にレギュラー番組が4本終了となると、何かしらの理由ありそうですね。

 

しかし、上記を理由を持ってしても、バナナマンの人気は揺るがないでしょう。

 

それはやはり、バナナマンがコント職人として優秀で、更にテレビでも人気ですから。

 

今後もその揺るがない人気で、舞台と活動ステージ変わっても活躍し続けてください。

 

せばな~