釈放されたASKAさんですが、2016年12月22日にブログを更新して逮捕時の心境を語りました。

 

そしてこのブログに対して井上公造さんがした、ASKAさんの新曲を勝手に流した行為が批判となっています。

 

一体どんな批判が出ていて、井上公造さんは逮捕される可能性があるのでしょうか?

 

ということで今回は

ASKAさんの新曲を流した井上公造は逮捕されるの?

ASKAさんは井上公造さんに対してどんな抗議をしたの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

askaが井上公造をブログ訴えて批判殺到!新曲を勝手に流して逮捕?

捕まる前日にブログにて新曲を13曲を通して聴いたと報告したASKAさん。

「アルバムが到達点直前にいることの喜びを感じています。ジャケットも、写真もできています」
「プロモーションを行えない現況、みなさんには、来月の終わり頃、Youtubeにおいて、数曲発表させてください。ありがとう」

13曲もの新曲のレコーディングを終えてASKAさんも興奮気味で書いており、ファンにとっては嬉しい報告でした。

 

しかし、覚醒剤容疑で逮捕されてしまいます。

 

それだけでなく、11月28日放送の「ミヤネ屋」に出演した井上公造さんはASKAさんと電話をする前にASKAさんから提供されたという新曲を流していたことが問題となりました。

ASKA「曲を流しちゃうダメだって!」

井上公造「逆に、聴かせた方が良いと思ったんです。」

ASKAさんは井上公造さんとの電話で開口一番に、勝手に曲を流したことを批判していました。

aska 井上公造
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp/sonohimori/imgs/5/4/54a650a0.jpg)

そして井上公造さんは聞かせたほうが良いと、善意で公開したようですが、こんな行いをして本当に良かったのでしょうか?

井上公造、ASKAの新曲を無断公開で著作権を侵害している

このASKAさんの新曲を無断で公開した行いは、著作権の中にある「人格権」の一つとして、「公表権」という権利を侵害する違法行為となる可能性が出てきています。

 

実は著作権の中には自分の楽曲を勝手に改変されないようにしたり、自分の楽曲に「自分の作品である」ことを明示する「人格権」としての権利があります。

 

そして「人格権」の一つである「公表権」とは、まだ公表されていない楽曲を世間に公表する時期や方法を独占する権利を持っております。

 

今回の井上公造さんの行為は、ASKAさんの新曲を公開する「人格権」の権利を侵害したとして罪になってしまいます。

 

この罪はASKAさんが告訴しなければ罪になりませんが、刑事罰として5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金かこれらを併科される可能性があります。

 

ちなみこれが番組サイドの台本ということであれば、制作側に故意・過失があったとして「ミヤネ屋」を制作している読売テレビにも責任が出てきます。

ASKA、釈放後に井上公造をブログで抗議!

ASKAさん逮捕されて後、釈放されて2016年12月22日にブログを更新して逮捕時の心境を語りました。

その際に、芸能リポーターと表して井上公造さんを批判をしていました。

僕が観ていた、どのワイドショーも、的を得てはいませんでした。芸能レポーターは、論外でした。

僕と親しいと語るある芸能レポーターは、テレビで僕のことを、こう説明していました。

「ASKAさんが私に、世界的な組織に狙われてるというんですよ。」

僕を病気であるかのように、世間に広めました。
僕は、彼とは面識がありません。電話で数回お話をさせていただいた程度です。「世界的な組織」
そんな話はしていません。

「アメリカで開発された盗聴、盗撮用のアプリケーションが世界に広がっていってます。もちろん、日本にもあります。」

と、答えただけです。

僕とのプライベートな会話を、一切の了解も得ず、一部始終をテレビで公開致しました。
こんなことが許されるでしょうか?

また、

「絶対に誰にも聞かせないでください。」

と、約束をした未公開の楽曲を、全国放送で流しました。

「曲を流しちゃうダメだって!」

僕は、思わず彼を責めてしまいました。

「逆に、聴かせた方が良いと思ったんです。」

話になりません。未発表楽曲の権利を持っているような説明です。

先日、抗議の連絡をいたしました。

ブログ井上公造さんを指していると思われる批判をしており、これにはネット上でも同意して井上さんの行動は、「著作権違反ではないか?」という声が多数挙がっていました。

aska 井上公造
(画像引用元:http://koku-byakunews.com/archives/607)

実際に著作権違反であり、今回井上公造さんに抗議しただけならまだいい方で、このまま訴えられたら井上公造さんが罪に問われます。

 

そういった意味ではASKAさんは井上公造さんに対して抗議だけ行ったのは、仲が良かったのか、優しさを見せたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

askaが井上公造を訴えたら普通に罪!新曲を勝手に流して逮捕もありえる!

ASKAさんの新曲を勝手に流したことにより、批判が殺到している井上公造さん。

 

実際に訴えられたら逮捕される事案ですし、ただ今回はASKAさんが直接抗議して事なきを得たようですね。

 

これに関してはASKAさんが優しさでしょうね。

 

覚醒剤容疑がかかったとはいえ、偉大な作曲家・歌手として新曲は大切ですから、その凄いかたの新曲を流すのは御法度でしょう。

 

井上公造さんも芸能リポーターとして偉大な方なので、意向は配慮願いたものです。

 

せばな~