スポンサーリンク

2016年4月からスタートするフジテレビドラマ「OUR HOUSE」で出演することがわかりました。

芦田愛菜さんは、小さくて可愛いイメージでしたが、もう小学生6年生で女優として経験が豊富だから大人っぽく感じますね!

 

そんな芦田愛菜さんですが、周りからは

「劣化した」

とネットでは言われてますが、果たしてそうなのでしょうか?

 

最近の芦田愛菜さんは、ドラマ、映画等に出る姿は少なくなりました。

そこで現在の芦田愛菜さんの調べて紹介したいと思います!

今現在、最近は?子役、芦田愛菜のについて

芦田愛菜プロフィール

芦田愛菜 現在

生年月日     2004年6月23日
出生地       兵庫県西宮市
身長        127cm
血液型       A型
職業        子役、タレント、歌手
ジャンル      テレビドラマ・映画
活動期間      2009年~
事務所       ジョビィキッズプロダクション

 

デビュー時の身長は104cmでした。

現在は身長が127cmと23cmも高くなっております。

どんどん成長していますね!

芦田愛菜、子役になるきっかけ、そしてデビュー

お母さんが

「楽しそうだから、やってみない」

と勧められて、大阪の芸能プロダクションのオーデションを受け、合格して芸能界の道を進みます。

 

事務所には合格しましたが、最初は、オーデションに落ちて泣いていた経験がありました。

 

その後は、努力して4歳の時にひらがなは全て読めるようになり。

幼稚園から小学校にかけては本を1か月に60冊読んで勉強をしました。

役者になるため、標準語も話せてもちろん、生まれ故郷の関西弁も話せるようになりました。

 

そのかいあってか、2009年「ABC 家族レッスン ショートムービー2″だいぼーけんまま”」で見事子役デビューを果たします。

芦田愛菜、演技力で活躍!その後も各ドラマ、映画で知名度を上げていく

2010年テレビドラマ「Mother」に出演を果たしますが、実は審査では7歳に達しておらず、参加資格がなくて落ちていました。

しかし、ダメ元で受けた所、「台詞」「質疑応答」が他の子供とは抜きん出ており、どうしても落とせなかった結果、出演することが決まります。

このころから、芦田愛菜さんの演技力は同世代の子役から一歩上でした。

その為、脚本を一部変更したとのこと。

 

「Mother」に出演で演技力が認められて、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞等で新人賞を多数受賞します。

 

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の宮沢りえさんが演じる茶々の幼少時代を300人の応募の中から選ばれたり、

2011年3月のテレビドラマ「さよならぼくたちのようちえん」で日本のドラマ史上最年少初主演を務めたりと

活躍の場を広げます。

芦田愛菜 最近

そして、芦田愛菜さんの知名度を決定的に上げたのが、テレビドラマ「マルモのおきて」で連続ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演を務めたことです。

役の人気にとどまらず、主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビューを果たして「紅白歌合戦」で最年少出場記録を更新したり芦田愛菜さんの人気はうなぎのぼり!

 

2012年には、映画「うさぎドロップ」と映画「阪急電車 片道15分の奇跡」に出演して、第54回ブルーリボン賞の新人賞を史上最年少で受賞したり、

2013年には、映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューをしたり、

映画「円卓」で映画初の単独主演を務めあげると、

可愛いとだけでなく、演技力が認められて沢山のオファーが来ていました。

最近は劣化しただと?芦田愛菜の現在!

スポンサーリンク

最近は芦田愛菜さんのTVで観る姿は、少なくなりました。

そのせいでネット民からは、

「愛菜たん、もはや劣化したか」
「もうリボンは似合わないだろ」
「成長したら可愛くないことがバレバレ」

と品のない批判がされています。

 

しかし、芦田愛菜さんは決して劣化もしておらず、可愛らしい小学生の表情や所作を備えていた存在が成長により、視聴者のイメージと異なってしまっただけでした。

これからは、少しずつ大人の芦田愛菜さんが魅力となっていくのでしょう。

 

 

しかも、現在は演技に磨きがかかり、活躍中でした。

2014年には「明日、ママがいない」で連続ドラマ初の単独主演を果たし、歌手活動も再開し、

2015年には「チェスター動物園をつくろう」で海外ドラマ初吹替えに挑戦したりと活動的です。

最近の芦田愛菜!現在は子役から培われた演技力で女優へ!

芦田愛菜 現在

最近の芦田愛菜さんは劣化したと囁かれていましたが、そんなことはなく、子役から女優へとステップアップしていました。

ティーンズモデルのような、可愛いだけが芦田愛菜さんの魅力ではなく、3歳から培われた実績もある存在感、演技力が最大の魅力です。

 

将来の夢は

「一杯勉強して海外でも通用する女優さんになること」

芦田愛菜さんの実力と美貌ならできますね!

 

今後は成長に連れて、女優 芦田愛菜さんとして活躍をしていくでしょう!

せばな~