袴田吉彦さんの不倫騒動で、一躍有名となってしまったアパホテル。

その追い風で、さらに売上を伸ばすかと思いきや、なんとホームページが繋がらなくなっており、問題を抱えているようです。

 

実はそれが中国国内でアパホテルが炎上したことによるものではないかと言われています!

 

なぜ中国国内でアパホテルが炎上しているの?

そのせいでホームページが繋がらないの?

 

ということで今回はアパホテルについて

中国国内で炎上したことについて

現在アパホテルの状況

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

アパホテルが中国で炎上?公式サイトのホームページが繋がらないとサイバー攻撃?

中国で炎上となった発端は中国のSNS「微博」にて、米国人の学生が投稿した動画から始まりました。

この動画ではアパホテルのフロントでアパホテルCEOが執筆した書籍を購入し、その本を読み上げますが、そこには南京大虐殺を否定する内容が書かれていることを説明します。

 

そしてこの書籍が、アパホテルの全客室に置かれており、実際に泊まったときにこの書籍が部屋にあって呼んだときにショックを受けたとのことです。

 

そのため動画投稿者は、中国人はこの事実を知った上で宿泊するかどうか決めるべき思いで、決して日本を非難するつもりではないとして、動画を投稿して公開に至りました。

 

この動画は2日で6800万再生を超え、シェアは60万以上、「いいね」は32万以上、コメントは2万9000以上投稿と大盛況のようです。

 

しかしこの動画により、日本を非難するつもりはありませんでしたが、アパホテルを非難する形となり、中国ネットユーザーの批判を浴びているようです

アパホテルが動画により大炎上!公式サイトも繋がらない?

動画により批判のコメントだけでなく、中国共産党の機関誌「人民日報」国際版の「GlobalTimes」もこの問題を報道します。

 

その結果、中国の旅行会社・黄光グループはアパホテルの予約受け付けを停止と、中国の旅行代理店が軒並み取引中止となっているようです。

 

そしてアパホテルの公式サイトも繋がりにくくなっており、現在サーバ停止のため復旧作業を行っているとのことです。

やはり中国で炎上したことが影響して、サイバー攻撃でもされているのでしょうか?

 

同じような推測している方もいるようです。

 

日本では袴田吉彦さんによる不倫騒動で「アパ不貞」と笑いものにされたり、中国では炎上と年明け早々からアパホテルは色んな事件に巻き込まれているようです…

アパホテル中国からの批判あっても一切謝るきなし!

本書籍の中の近現代史にかかわる部分については、いわゆる定説と言われるものに囚われず、著者が数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した見解に基づいて書かれたものです。
国によって歴史認識や歴史教育が異なることは認識していますが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたものです。
したがって、異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません
日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます。

今回の南京大虐殺を否定する内容が書かれていることについてアパホテル側でコメントをしましたが、その内容は一切記述した内容を謝ることもなく、書籍を撤去する気もないようです。

 

さすがアパ社長というべきか、確かに謝ったらそのまま批判に拍車がかかるので、「謝ったら負け」という見解もありますからね。

スポンサーリンク

アパホテルの公式サイトのホームページが繋がらないのは中国で炎上が関係!

年明け早々からいろんな事件に巻き込まれてしまったアパホテル。

この事件にさすがに名物社長も、辛そうですね…

 

しかしホテル業界で儲けている会社として、頑張ってもらいたいです。

 

そしてこの苦難を乗り越えて、さらに飛躍することを願っています。

 

せばな~