フジテレビが期待して放送した2013年に大ヒット映画「アナと雪の女王」の演出に物議を醸しています。

 

地上波ノーカットでの放送でしたが、なんと映画本編終了時にまさかのフジテレビオリジナルエンディングが挿入され、賛否両論の結果となってしまったのです。

 

一体、どんなフジテレビオリジナルエンディングが挿入されたのでしょうか?

そして、視聴者はどんな反応を見せたのでしょうか?

 

ということで今回は、映画本編終了時にまさかのフジテレビオリジナルエンディングが挿入した「アナと雪の女王」の内容と反応を見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

アナと雪の女王のフジテレビオリジナルEDが炎上!tv放送エンディングが酷い?

2017年3月4日にフジテレビが満を持して放送した「アナと雪の女王」。

 

その期待値は凄く、番宣も前々から力を入れていましたが、なぜか映画本編終了時にまさかのフジテレビオリジナルエンディングが挿入がされました。

アナと雪の女王 フジテレビ
(画像引用元:https://togetter.com

 

オリジナルエンディングでは子供の合唱+フジテレビアナウンサー陣+芸能人などによる合唱の映像でしたが、映画と関係ない番宣のようでした。

 

まずエンディングの際にスタッフロールを「超高速」で流します。

 

そして主題歌「Let It Go」を、子供達の投稿動画、「めざましテレビ」出演のアナウンサー、よゐこ濱口優などに歌わせます。

アナと雪の女王 フジテレビ
(画像引用元:https://togetter.com

アナと雪の女王 フジテレビ
(画像引用元:https://togetter.com

さらには同局が制作に関係している映画「帝一の國」(2017年4月29日公開)の出演者である菅田将暉さん等が登場し、番宣を繰り広げます。

アナと雪の女王 フジテレビ
(画像引用元:https://togetter.com

そのため、本来のエンディングは大幅カットされたり、画面の1/10程度の豆粒のような掲出のみ、早回しされた20秒間だけMay J.版の「Let It Go」がかかるという有様でした。

「アナと雪の女王」フジテレビオリジナルエンディングで炎上!

この視聴者を楽しませのではなく、自分たちが楽しもうという内輪ウケのようなエンディングにより、賛否が別れていったのです。

 

そもそもノーカット版とは言えない、せっかくの作品の余韻を味わうことが出来なかったりと確勝コンテンツも撃沈させてしまいます。

 

更に20秒間だけしか流れなかったMay J.版「Let It Go」も、「可哀想」と同情の声が寄せられました。

アナと雪の女王 フジテレビ ed
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

 

それだけでなく、フジテレビ公式Twitterがアナ雪の件で大炎上となります。

アナと雪の女王 フジテレビ
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

これも「ありのままで」やっておけばよかったと、誰しもが思ったのでしょう…

スポンサーリンク

アナと雪の女王のフジテレビEDがツイッター炎上!tv放送エンディングをありのままで!

まさかのちょい足しで、確勝コンテンツも撃沈させてしまったフジテレビ。

 

結果論ですが、なぜノーカット版の「ありのままで」やらなかったのか不思議に思います。

 

まぁこれが良くも悪くもフジテレビらしい演出だと思いますが、今回は悪い方向にいってしまったようです…

 

せばな~