NHK「ドキュメント72時間」で放送された秋田県の港にある一杯の200円のうどん自販機。

この放送が大反響を起こし、視聴者の人気投票でも年間1位となるほどでした。

しかし、この秋田うどん自販機が置かれている商店の営業終了に伴い撤去されることになりました。

 

そんな秋田うどん自販機はですが、

その後、うどん自販機はなくなってしまったの?

今現在の、秋田うどん自販機はどうなったの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

今現在は?秋田うどん自販機について!その後も秋田県民に愛される!

秋田うどん自販機は秋田県秋田市にある佐原商店に置かれていました。

値段は200円で冬の寒い秋田にはぴったりです。

うどん自販機の設置は40年ほど前で、秋田市民に人気で中には10年間以上通う常連客もいるほどした。

 

そんな愛されているうどん自販機がNHK「ドキュメント72時間」に放送されて人気が出ます。

放送では、うどんを食べる人たちのストーリーが話されて視聴者から感動を与え、人気投票で年間1位を取りました。

 

最近は老朽化で機会の故障も多かったが、生産中止の自販機のため中古品を探して続けていました。

しかし、佐原商店の閉店に伴い遂にうどん自販機も撤去することになりました。

スポンサーリンク

秋田うどん自販機の今現在!思い出の自販機復活!

撤去すると決まった際は、譲り受けて欲しいと依頼が30件も来ました。

しかし、

「秋田港のにぎわい創出のため、道の駅あきた港にお願いした」

と道の駅あきた港の屋内緑地公園「セリオンリスタ」に置かれることになりました。

【道の駅あきた港の屋内緑地公園「セリオンリスタ」場所】


佐原商店では夜間にうどん自販機を利用する方が多かったですが、

「セリオンリスタ」は閉館時間が午後6時ですので夜間に利用することできなくなりました。

屋外の設置も考えられましたが、メンテンスの関係上で出来ませんでした。

 

夜間利用者には残念で少し身近から遠ざかってしまいましたが、秋田に残っただけでも良しとしましょう。

秋田うどん自販機は今現在も稼働中!港の思い出は未だ残る!

秋田うどん自販機は佐原商店から撤去されて、稼働する時間が決まってしまいましたが生き残って良かったです。

これも秋田うどん自販機をずっと食べていただいたお客様、NHK「ドキュメント72時間」の放送で心打たれた視聴者のおかげだと思います。

 

皆さんも、もし秋田に来ましたらレトロな気分、「秋田うどん自販機」で舌鼓を打つのはどうでしょうか?

自分も秋田なのでこういった名所が有るのは嬉しいです。

 

せばな~