2016年9月1日放送のフジテレビ「アウト×デラックス」では中山功太さんこと「コウタ・シャイニング」とその母である「アケミ・シャイニング」さんが出演する。

 

中山功太さんといえばお坊ちゃま芸人として最初は登場し、R-1グランプリでも優勝したりと実績のある芸人さんでした。

しかし、今は転落人生でしかも母親が芸人をやるという強行…

 

一体この家族に何があって母親が芸人となってしまったのでしょうか?

 

今回は、そんな中山功太さんの母の、

中山功太さんの母親が芸人になったきっかけは?

現在のアケミ・シャイニングの活動は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アケミ・シャイニングとは?中山功太の母親がなぜ?芸人になったきっかけは?

中山功太 母

アケミ・シャイニングさんは、R-1グランプリ優勝をしましたが、当時大阪の仕事で東京進出できずにブレイク失敗した中山功太さんの母親です。

 

中山功太さんといえばお金持ちでお坊ちゃま芸人として登場し、幼少期は金持ち過ぎて誘拐された過去があいります。

 

実際に中山功太さんの父親はソファーベッドの製造販売会社の社長であり、その業界では西日本一稼いでいたほどです。

そのため中山功太さんの母親も相当悠々自適な生活をしていました。

アケミ・シャイニングの夫の会社が倒産!芸人になったきっかけは?

そんな悠々自適な生活をしていたアケミ・シャイニングさんですが、2006年に会社が倒産して働かなければいけない状況になります。

 

夫は中国で再スタートしますが、妻のアケミ・シャイニングはアルバイトを3つかけもち泣いてばかり。

 

そんな時にふとアケミ・シャイニングさんは、

「60歳になったとき。いろんなことがあった人生を変えることはできないけれど、ちょっと違う人を演じてみたい」

と考えて、NSC36期に入って芸人の道を行くことに決めました。

 

その時に息子である中山功太さんにも相談をしたそうです。

 

現在も中山功太さんの母は「アケミ・シャイニング」と芸人としてネタを披露したり、中山功太さんの母親としてラジオにゲストに出演したりしているそうです。

スポンサーリンク

中山功太の母親「アケミ・シャイニング」!親子でブレイクなるか?

違う人を演じたい理由で「アケミ・シャイニング」になった中山功太さんの母親。

 

中山功太さんも次こそはブレイクしようと頑張っており、二人共に親子で活動が増えて活躍してもらいたいですね。

 

今回の「アウトデラックス」を期に「アケミ・シャイニング」と「コウタ・シャイニング」と親子で東京ブレイクをする事を祈っています。

 

せばな~